白鳩エコ宣言

白鳩の環境への取り組み

私たちは地球のために、未来のために、子供たちのためにCSR(Corporte Social Responsibility)活動に取り組んでいます。
CSR活動とは企業の社会的責任の意味で、私たちはインターネット通販を 通じてお客様とともに環境への取り組みを行っていきたいと考えています。

Fun to Share

1.Fun to Shareへの参加

私たちに深刻な影響をもたらす気候変動(地球温暖化)の原因は、私たち人間の活動による可能性がきわめて高いと言われています。
この解決のために世界が協力して作った京都議定書が、私たち白鳩本社のある京都の国立京都国際会館で2005年2月16日に発効しました。
そしてこれをきっかけに作られた、国による地球温暖化防止運動「チャレンジ25キャンペーン」が京都議定書算定期間を終えたことにより、平成26年3月から「Fun to Share」(ファン トゥ シェア)という、新たなキャンペーンでスタートしました。


「Fun to Share」とは、最新の知恵をみんなで楽しくシェアしながら、低炭素社会を作っていこうよ!という合言葉。
企業、団体、地域社会、国民一人ひとりが連携し、豊かな低炭素社会づくりに繋がる情報・技術・知恵を共有し、連鎖的に拡げることで、「ライフスタイル・イノベーション」を起こし、日本発で世界に広げ、低炭素社会を実現しようという取組みです。


白鳩ではこれまでの地球温暖化防止国民運動「チャレンジ25キャンペーン」に続き、気候変動キャンペーン「Fun to Share」にも参加しています。
「Fun to Share」では、低炭素社会の実現に向けて賛同企業・団体の「Fun to Share」宣言やそれぞれの取組みを広くシェアすることを推進しています。
白鳩では、地球・環境のためにCSR活動の推進と実践という企業理念に基き、以下の宣言を登録し、取組みを進めていきます。


fun to share ページへ


2.屋上緑化&LED照明100%

屋上緑化

白鳩本社&配送センターには、100坪ほどのテラスがあります。近年の夏場の異常気象に対する遮熱効果、およびCO2削減対策として、テラスの緑化を実施し景観の向上にも努めております。

テラスの緑化

LED照明100%

白鳩本社&配送センターでは職場に設置している照明がすべてLED照明です。投資コストは高くなりますが、温室効果ガスの削減と節電効果は抜群であります。女性の多い職場ですので、紫外線・赤外線を発しないLEDはお肌にも優しく、夏場は暑くないというメリットもあるんです。

LED照明

3.簡易包装でお届け

私たちは日々、お客様からいただいたご注文商品をお届けしております。
その際にインナーウェアを包む袋って最後にどうなるのかなぁと考えました。
その結果、家庭ゴミを減らすためにもポリエステル袋のリサイクルにご協力頂くために簡易包装でのお届けを実施しております。
簡易包装イラスト

4.分別ゴミ廃棄

インナーウェアってメーカーさんからの納品される時、プラスティックハンガー付きが結構多いんです。
もちろんお客様にはハンガーをはずしてお届けしています。だからそれだけでも相当なゴミの量に。
でも私たちはプラスティックのゴミは分別して廃棄しています。
日常の生活ゴミでも同様なんだから。。。
分別ゴミ

5.配送ダンボールの軽量化

従来のダンボールに比べて厚さが20%薄いダンボールを使用。
生産や運送時における化石燃料の消費を節約しています。
何たって薄いダンボールなので捨てる時に簡単なんです。
ダンボール20%カット

6.各種節電の実施

白鳩本社では夏はクールビズ、冬はウォームビズの実施により、社内温度を最適化し、エアコンからのCO2排出の削減を目指しております。
また、退社時のパソコンシャットダウンを実践しております。
節電

7.京都モデルフォレスト協会会員

「京都の森を元気にしよう。森が元気になれば私たちも元気になれる」をスローガンに日本で初めてモデルフォレスト運動(地域総ぐるみの森林持続 活動のこと)団体として発足した京都モデルフォレスト協会に白鳩は入会しています。
京都府民として地域貢献も大事であると考えています。
京都モデルフォレスト

WWFリサイクルバックキャンペーン

お客様にも環境への取り組みに参加して欲しいと私たちは考えております。
そこで、WWFリサイクルバッグをご購入いただいた代金の半額を、私たちがお客様のかわりにWWFに寄付いたします。
つまり、お客様と白鳩の共同エコ作業です。

WWFとは

co2排出権取得商品とは


WWF感謝状

白鳩の環境への取り組み WWFリサイクルバッグキャンペーン